札所一覧

秩父札所 第三十三番 延命山 菊水寺

札所三十三番・菊水寺(きくすいじ)は、赤平川の近く、田んぼが広がるのどかな場所にあります。

秩父札所巡りもいよいよクライマックス…この菊水寺と三十四番・水潜寺を残すのみ。

三十三番からゴールの三十四番までは、1時間30分をかけて峠を越えるため、この菊水寺ではゆったりと心を落ち着かせたいですね。

秩父札所33番・菊水寺の歴史・由来

菊水寺は、僧の導きによって改心した盗賊たちが出家をする際、菊水と呼ばれる霊泉で身を清めたとされたことから、「菊水寺」と呼ばれるようになったとされています。

現在の菊水寺は、かつて「大桜山 長福寺」という名前のお寺で、参道の入口には現在も「大桜山 長福寺」という標された石柱が建っています。

もともと札所33番・菊水寺は、現在の場所から600mほど離れた場所にあり、その管理を行っていたのが長福寺でした。

しかし、戦国時代の永禄12年(1569年)、武田信玄の軍勢が秩父に侵攻した際、菊水寺は消失。

その後、菊水寺は再建されず、巡礼者たちはいつしか長福寺を菊水寺と混同するようになり、長福寺も、菊水寺の火災から逃れた本尊を長福寺の本尊としてまつるようになったといいます。

焼失する菊水寺から運び出されたと伝えられる本尊は聖観音で、平安時代末期の作とされています。

ちなみに、かつて菊水寺の境内があった菊水寺跡には、現在も菊水の井戸跡や石仏などがあります。

秩父札所33番・菊水寺の見どころ

本堂(観音堂)

入母屋造りの本堂/観音堂は、江戸時代の文政3年(1820年)に建築されたもの。
正面には「正大悲閣」の額が掲げられ、これは本尊の聖観音がいる場所を表しています。
左右の菱格子のある花頭窓も印象的です。

土間には、『子がえし』などの絵図も掲げられています。
『子がえしの絵図』は、江戸時代に盛んに行われていた“間引き”を批判したもので、自分の子供を圧殺する女性が描かれています。

芭蕉句碑

江戸時代の寛保3年(1743年)に、松尾芭蕉の50回忌に建てられた芭蕉句碑。
“寒菊や 粉糠のかかる 臼の端”と書かれた字は、江戸時代に秩父札所の案内書「円通伝」を出版した円宗の筆によるもの。
句は、松尾芭蕉の晩年の傑作の一つとされ、臼と杵で米をつき終えて、寒菊にもうっすらと粉糠がついている様子をうたったもので、芭蕉案の冬の静かな一日が伝わってきます。
ちなみに、埼玉県内にある芭蕉句碑の中では最古のものとされています。

楠木正成と菊水

境内に掲げられている観音霊験記の絵図には、菊水寺で武運を祈る楠木正成が描かれています。

鎌倉時代の武将・楠木正成は、家紋が菊水(菊と波の模様)であることを縁に、この菊水寺で武運を祈ったと伝えられています。

そして、戦の折、敵軍の矢が正成に命中しましたが、正成は倒れることなく難を逃れたといいます。不思議に思った正成でしたが、見ると肌身離さず持っていた観音経に矢の根が刺さっていたそうです。

秩父札所33番・菊水寺の御朱印

中央は「正観世音」の文字で、ご本尊の聖観世音のことです。

秩父札所33番・菊水寺の御詠歌

春や夏 冬もさかりの 菊水寺 秋のながめに おくる歳月

秩父札所33番・菊水寺の基本情報

宗派曹洞宗
本尊聖観世音菩薩
住所埼玉県秩父市下吉田1104
納経時間AM8時~PM5時(11月~2月はPM4時まで)※12時~12時30分はお昼休憩。
無料駐車場あり
アクセス(1)秩父札所32番・法性寺から徒歩で約100分。
(2)西武秩父駅から西武観光バス/小鹿野車庫・栗尾ゆき「泉田」で下車。徒歩35分。

 

秩父札所33番・菊水寺の地図